VDI/DaaS導入支援・運用サービス

仮想デスクトップとは?

VDI/DaaS
  •  仮想デスクトップとは、サーバ上に構築されたデスクトップ環境の画面をクライアント端末(物理端末)に転送する仕組みです。

  •  クライアント端末(物理端末)には、仮想デスクトップの画面が転送されるのみで、クライアント端末(物理端末)のキー操作のみ、仮想デスクトップに転送されます。

  •  社内に分散している業務PC(デスクトップ)をサーバ側で集中管理することで、運用コスト削減やセキュリティ強化を図りつつ、社員の生産性向上にも寄与することができます。

運用コスト削減

・デスクトップアップデートは無停止一括
・物理端末は最小限の機能で配布
・複雑なMicrosoftライセンスの最適化

セキュリティ強化

・端末側にデータを残さない
・集中管理によるポリシーの徹底
・物理端末のウィルス感染も影響なし

生産性向上(働き方改革)

・場所に縛られずに業務PCへアクセス
・マルチデバイス対応/テレワークの普及
・BCP対策としても大きな効果


なぜ仮想デスクトップ?

1.端末更新にかかる展開作業コストの削減

仮想デスクトップ環境上で容易にマスタの作成/展開が可能なため、これまでのような端末更新時の端末展開作業の大部分が不要になります。高性能なPCも必要なく、型落ちした古いPCやBYODも検討可能に。

2.IT内部統制にかかる維持運用コストの削減

管理者側でウィルス対策やWindowsアップデートの一元管理が可能に。 端末セキュリティソフトのダウンロードやアップデート未実施、バージョンがバラバラのOSによる管理者の運用負担を軽減できます。

3.拠点間のデータ転送量の削減

VDIサーバ(デスクトップ環境)と業務システムとの距離を物理的に縮めることで、サーバと端末間のデータ転送量・転送時間を軽減。拠点間の回線コストの見直しも検討可能に。

4.拠点間の移動にかかる交通費の削減/時間の有効活用

あらゆる端末を通してどこからでもアクセスできるため、場所に依存せず業務が可能になります。時間の有効活用・機会損失の低減が期待でき、テレワークの普及にも最適。災害やパンデミック、非常時のBCP対策としても効果を発揮します。

仮想デスクトップ導入・運用サービス概要

仮想デスクトップ環境の導入・運用だけでなく、検討段階からでも強力にご支援します。 オンプレミス/クラウド環境問わず、マルチプラットフォームでの仮想デスクトップ環境をご提案します。


仮想デスクトップ導入・運用サービス内容

検討フェーズ

現行環境における課題の洗い出しからシステム基盤全体のグランドデザインまで、導入検討フェーズを幅広く支援します。

導入コンサルサービス



・現状のサーバ・ネットワーク、PC環境をヒアリング
・PCのライフサイクルや導入ソフトウェア、PC展開作業等における課題の洗い出し
現状調査


・調査結果を基に、仮想デスクトップに適した業務、ユーザーを検討(サイジング)
アセスメント


・仮想デスクトップ導入後の定量/定性的評価(上申支援)
TCO評価


・最適な仮想デスクトップ環境の実現方式/構成を決定(アーキテクチャ策定)
構成の選定

PoCサービス



・検証規模(範囲、レベル)を協議し、計画書を作成
・利用者・利用部門を含めた検証体制整備を支援
検証計画


・検証環境の構築、提供
検証環境構築


・通常業務と同様のオペレーションを行い、仮想デスクトップ環境を検証
検証作業


・検証結果の報告
・検証で発覚した課題に対する解決策の提示

検証結果報告

導入フェーズ


仮想デスクトップ導入サービス

オンプレでもクラウド(DaaS)でも、ニーズにあった仮想デスクトップ環境を構築し、移行プランに沿ってデスクトップ環境を切替えます。



ご要望を実現するために、構築・運用・移行における各種設計を行います。お客様システム環境にあわせ、セキュリティや運用維持まで含めたトータル設計を行います。
設計


設計に従い、クラウド環境、およびお客様システム環境に各種機能を構築します。
構築


テスト計画書に基づき、動作テストを実施します。 機能レベルからシステムレベルまでテストし、最終的には負荷テストまで実施します。
テスト


移行プランに沿って、安全にデスクトップ環境を移行します。 また、切替後もスムーズにご利用いただくために、利用者様向けに操作教育、管理者様向けに運用教育を実施します。
移行・教育
仮想デスクトップ基盤構成
オンプレ

・台数が増減せず、固定できる場合
・必要リソース(CPU/メモリ/DISK容量)が確定している場合

プラットフォームとしてハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)をご提案します。 柔軟な拡張性と、最新の技術にて基盤を構築します。
仮想デスクトップを構成するための専用ソフトウェアとして Citirx製品をご提案します。 運用性・拡張性と共にセキュリティ強化を実現します。

クラウド(DaaS)

・テレワーク用途など、必要台数を柔軟に変更でき、コストを抑えたい場合
・リソース(CPU/GPU/メモリ/DISK容量)を柔軟に変更したい場合

DaaSサービスとして信頼性に優れた、Microsoft社のAzure Virtual Desktopサービスをご提案します。 最新の技術による最新のDaaSにて基盤を構築します。
管理機能と運用性に優れたCitrix Cloudを利用し、Azure Virtual Desktopをコントロールし、端末との通信の軽量化と通信セキュリティを強化します。

100480_17.jpg

Plus導入サービス(オプション)

仮想デスクトップ導入にあわせて、システム環境全体最適化の視点で各種機能の導入もご支援します。
IT基盤機能+(Plus)

ファイルサーバ構築
・高度化,見える化(Nutanix Files)
・バックアップ,DRサイト構築

ADサーバ構築
・ADサーバの冗長化、バージョンアップ
・Azure移行
Azure AD連携
・各種クラウドサービス自動認証
・AD連携(ADFS/AADC構築)

WSUS構築
・パッチ配信最適化
・Office展開ツール導入
セキュリティ+(Plus)

二要素認証導入
・コンピュータ証明書導入(802.1x認証)
・マトリックス認証導入(PassLogic)
MDM導入(モバイル端末管理)
・社外持出時の端末制御(Optimal Biz)

アンチウィルス導入
・アンチウィルス
・EDRソフト導入
・乗り換え
ゼロトラストセキュリティ導入
・SASE
・CASB

業務効率化+(Plus)

資産管理システム導入
・IT資産管理と見える化(AssetView)


オンラインストレージ導入
・導入支援(フォルダ構成,運用ルール検討)
・管理ツール導入
(Forest Magic)
Microsoft365導入
・導入支援
・Microsoft365テナント管理

DX・AIソリューション
・AI-OCR+RPA導入
・データ分析予測ソリューション(DataRobot)

運用フェーズ

運用サービス


仮想デスクトップ導入後の運用もお任せください。柔軟性が高く、高品質の運用サービスをご提供します。 メーカーへの問合せ含め、日々の運用をまるごとアウトソースしていただけます。 定例会議での運用報告と共に、今ある課題の吸上げや改善提案も行います。
100480_18.jpg
Data Center Solutions