CSR活動

CSR(企業の社会的責任)への取組み

100225_05.jpg

わたしたちは、お客さまをはじめ、地域社会の皆さまとの信頼関係を大切にし、企業価値を高めるとともに、健全な事業活動や社会貢献を通じて、社会全体のさらなる発展に貢献していきます。

北陸電力グループのCSR(理念)
安全を最優先した、低廉、良質、クリーンな電気の安定供給とコンプライアンスの徹底を基本に、お客さま、従業員、地域社会、株主・投資家、取引先など、ステークホルダーからの期待・要望に適切、誠実に応えていく、かなえていくことを通じて「信頼され選択される企業」を目指す。

行動指針

基盤となる取組み

コンプライアンスの徹底

・コンプライアンス推進への取組み
・個人情報保護の徹底
・情報セキュリティの強化
安全文化の構築

安全最優先を基本にあらゆる事業活動を推進します。
環境保全への積極的な取組み

・環境美化清掃活動の実施
・オフィス電気使用量の削減
・省エネルギー対策

ステークホルダーへの取組み

低廉で良質な商品・サービスの提供(お客さまに対する視点)

業務品質の基盤となる技術力の向上
人権の尊重と良好な職場環境の確保(従業員に対する視点)

・社員教育の実施
・長時間労働の防止とメンタルヘルス対策
地域社会との共生(地域社会の皆さまに対する視点)

・地域活性化への支援・協力
・社会貢献活動の推進
透明な事業活動の推進(株主・投資家の皆さまに対する視点))

情報開示と双方向のコミュニケーションの充実に努めています。
公正な取引の推進(取引先の皆さまに対する視点)

公正・公平な取引活動に取り組んでいます。

コンプライアンスの徹底

コンプライアンス推進への取組み

行動規範の制定

企業倫理のさらなる徹底とコンプライアンスの徹底・定着を図るため、役員・従業員がとるべき基本的な考え方や行動のあり方を定めた「行動規範」を制定しています。

コンプライアンス研修・グループ討議の実施
管理職、一般社員の各層を対象としたコンプライアンス研修の実施により、意識の浸透・定着に努めるとともに、各職場で自律的な啓発活動として事例を用いたグループ討議を定期的に行い、コンプライアンス意識と、違反に未然に気づく力の高揚を図っています。

コーポレート・ガバナンス

個人情報保護の徹底

1999年10月に、「個人情報保護方針」を制定し、 情報漏洩の防止を目的とした社内管理体制と情報の取り扱いに関する規程を定め、個人情報保護の強化を進めてまいりました。
2000年2月に、個人情報保護活動が認証基準を満たしているとして、富山県内では初めてとなる「プライバシーマーク」を取得しました。

100231_01.jpg

2013年1月に、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク制度貢献事業者表彰感謝状」を授与されました。

情報セキュリティの強化

2004年3月に、「情報セキュリティ基本方針」を制定し、全社大の情報セキュリティ体制の構築を進め、重要情報の漏えい防止の観点から、icカードによる認証強化や電子情報の暗号化等の対策を導入しています。また、e-ラーニングを利用した社員教育等によりセキュリティ意識の高揚を図っています。
2004年5月に、ITサービス提供部門を対象に「情報セキュリティマネジメントシステム(ISO/IEC27001)」の認証を受けました。また、クラウドサービスの提供開始を受けて、2018年5月は、クラウドサービス提供者のセキュリティ評価である「クラウドサービスセキュリティ(ISO/IEC27017)」の認証を受け、より安心してサービスをご利用いただけるよう努めています。

100231_03.jpg100231_02.jpg

品質の追求

顧客満足度の向上と市場競争力強化の一環として積極的に品質向上に取り組み、品質管理委員会を置いて品質不良の未然防止・再発防止を推し進めています。
2001年4月に、北陸電力グループを除く一般市場向けソフトウエア開発部門を対象に「品質マネジメントシステム(ISO9001)」の認証を受けました。

100231_04.jpg

環境保全への積極的な取組み

環境美化清掃活動の実施
毎月、富山市桜橋通り周辺の清掃活動を実施しています。
環境美化清掃活動1 環境美化清掃活動2
オフィス電気使用量の削減
クールビズ、ウォームビズによる省エネ活動を推進しています。 
クールビズ
5/1〜10/31の間、冷房時の室温28℃の徹底とクールビズに取組んでいます。
ウォームビズ
12/1〜3/31の間、暖房時の室温19℃の徹底とウォームビズに取組んでいます。
・不要照明の消灯徹底
・不要時におけるOA機器、ポット、コーヒーメーカー等の電源OFF
・最寄の階への階段利用
省エネルギー対策
・3Rの推進
・ライトダウンキャンペーンへの参加
・駐停車時のアイドリングストップ
・ハイブリッド車の積極導入
・運転時の急発進、急加速の防止 等

地域社会との共生

地域活性化への支援・協力
「こども110番の車」運動の実施
社用車に「こども110番」ステッカーを貼り、子どもたちが助けを求めてきた場合などに一時的な保護や関係機関への通報を行います。
こども110番の車
地域行事への参加
毎年、とやま祭りに従業員が参加し、祭礼行事を盛り上げています。
地域行事への参加100232_04.jpg
社会貢献活動
インターンシップの実施
学生の皆さまが職業観を養い、情報サービス業に関する理解を深めていただくことを目的に、インターンシップを実施しています。

働きやすい職場づくり

活気ある職場づくり
日々従業員を支えてくれるご家族に、職場と仕事への理解を深めていただき、また、職場で何気なく接している従業員の後ろにご家族がいることを再認識できる機会として「家族の会社訪問」などの従業員の家族を交えたイベントを実施しています。
職場を異にする従業員とご家族が一緒になったアットホームな交流により、普段あまり接触のない従業員同士のコミュニケーションが促されたり、日頃の感謝の気持ちを従業員のご家族の皆さまと共有できたりする場となっています。
100229_01.jpg100229_02.jpg
働き方改革の推進に向けた取組み
柔軟な働き方をサポートする、半日休暇・フレックスタイム制度を導入しています。
ダイバーシティ推進に向けた取組み
イクボス宣言の実施
多様な従業員が能力を最大限に発揮できるようにするため、経営幹部や管理職が部下のワーク・ライフ・バランスを応援し、自らも仕事と私生活を楽しむ“イクボス”となることを宣言し取り組んでいます。
100229_03.jpg
女性の活躍
管理職に占める女性の割合を15%以上にする(2017年3月時点12.6%)ことを目標に掲げ、雇用環境の整備を行うための行動計画を策定し取り組んでいます。
ベテランの活躍
60歳以上の従業員が、これまで培ってきた経験や知識・技術を発揮して、高いモチベーションのもと65歳まで安心して働ける環境を整備しています
仕事と育児・介護との両立支援
育児・介護休業制度、短時間勤務制度や子の看護休暇制度、介護休暇制度など、子育てや介護を行う従業員に対し、仕事と両立しやすい職場環境づくりに取り組んでいます。
充実した教育とフォローアップ
新入社員には、社会人およびIT企業人の基礎を中心に入社から2ヶ月にわたり集中教育を行い、配属後には職場ごとの職務教育およびOJTを交えた部門教育を手厚く行うなど、職場の一員として、自信とやりがいが持てる戦力として、早期に成長できるよう強くサポートしています。
また、若手、中堅、上級、管理職などの階層に応じたフォローアップ教育の他、職務ごとのキャリアップには欠かせない専門職能教育にも惜しみなく経営資源を注いでいます。

人権の尊重

人権問題への取り組み
北陸電力グループ大で次の取り組みを通して、差別のない風通しのよい企業風土づくりを推進しています
  ・人権問題に対する理解浸透を図ることを目的に「人権啓発推進委員会」を開催
  ・外部講師を招いて差別問題やハラスメント等に関するテーマで「人権講演会」を開催