RPA活用支援 ~ WinActor ~

RPA活用支援 ~ WinActor ~

RPA(Robotic Process Automation)とは


「物」を対象とした産業用ロボットとは違い、「情報」や「データ」を扱うロボットです。パソコンを使った定型業務や単純作業をロボットに記憶させ、人の代わりに実施させます。ロボットが処理することでミスもなく、短時間で処理が完了し、生産性が向上します。これにより人はより高付加価値な業務に集中することができ、業務の効率化・長時間労働を是正、「働き方改革」を実現します。


働き方改革の実現のために改善していく点は?


従来

RPA導入後

業務の属人化

担当者がいないと仕事がわからない、出来ない

特定の担当者を
割り当てる必要がなくなる

ヒューマンエラー

毎回同じ作業をしていると慣れによる油断が生まれ、ミスをしてしまう

ロボットが作業するためミスがない

業務の効率性・生産性

1つの作業に縛られてしまい、次の作業ができない

単純作業はロボットがするため、人は付加価値の高い作業に集中できる

人員コストの削減

長時間労働の発生、社外要員の採用

ロボットが作業するため時間短縮となり、人員コストが削減できる。


導入効果が高い業務


処理ルールが明確

•処理ルールが明確に定義できる業務
•処理上の例外が少なく、人による特殊な判断が不要な業務

処理量が多い

•同内容の処理を大量、反復的に実行する業務(従来システム化投資が見合わなかった量でも導入可能)

正確性が必要

•手作業によるミスの影響が大きい業務(原因追究含む)
•データ照合などの確認業務

複数のアプリにまたがる

•複数のアプリケーションをまたがって検索、複製、入力、確認等の処理を行う業務


導入事例


◆様式が異なる注文書の識別・転記により作業量軽減、転記ミス0へ!

100214_01.jpg