お知らせ

「FIT-Connect SINET接続プラン」の提供開始について

当社は、9月3日より富山県内のデータセンター事業者として初めて、日本全国の大学・研究機関が接続する学術情報ネットワーク「SINET(サイネット)」と同社のデータセンターを直接接続する回線サービス「FIT-Connect SINET接続プラン」の提供を開始します。


 FIT-Connect は、当社データセンター(FIT-iDC*1)の利用に際して、お客様拠点とデータセンター間の通信回線をご提供するサービスです。
 自然災害の少ない富山のデータセンターを利用した遠隔地バックアップによりBCP*2 やDR*3 の対策を実現するために、安定した通信回線を高いセキュリティと低価格で2012 年11 月より提供してまいりました。
 「FIT-Connect SINET 接続プラン」により、日本全国の大学・研究機関はFIT-iDC の各種サービス(ハウジングサービス、クラウドサービス、バックアップサービス等)を低コストで利用しやすくなります。


・SINETとは

学術情報ネットワーク(Science Information NETwork)。日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として国立情報学研究所が構築、運用している情報通信ネットワーク。
(2018 年3 月現在、889 機関が加入)

・SINET 接続プランの特長

・安全、安心
 インターネット経由での接続がなくSINET と直結する構成であるため、アタックや盗聴のリスクが低く大学内LAN と同等のセキュリティレベルを確保できます。
・高速回線
 SINET が提供する高速回線の延長で接続されるため、転送速度の低下がなく安定したネットワーク環境を構築できます。
・低コスト
 利用者はSINET に接続さえすれば、富山までのネットワーク回線費用を負担する必要がないため、全国各地からも低コスト
 (1Gbps 共用で月額37,000 円~)でFIT-iDC のサービスを利用できます。

・ご利用イメージ

100216_01.jpg


*1 FIT-iDC:当社 が提供する富山のデータセンター。
*2 BCP:事業継続計画(Business Continuity Plan)。災害や事故等、予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続または目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画。
*3 DR:ディザスタリカバリ(Disaster Recovery)。自然災害などで被害を受けたシステムを復旧・修復すること。また、そのための備えとなる機器やシステム、体制のこと。

前の記事
次の記事